転勤族の足あと👠

~3年ごとにゼロから生活を作る奮闘記~

酒米「山田錦」の生産量日本一!兵庫県三木市 日本酒の旅

この春から住むことになった兵庫県三木市は、酒米「山田錦」の生産量が日本一らしい。そういえば静岡の酒造を訪ねた時も、山田錦を使っていると言っていたっけ。日本茶インストラクターとして大きな声では言えないけれど、目の前に日本茶と日本酒があったら、迷わず日本酒を飲むだろう。近くに山田錦で作ったおいしい日本酒を買える「山田錦の郷」があるので、行ってみることにした。

f:id:Nisshi:20210420181557j:plain

ここは、スーパー銭湯を併設した道の駅といった感じ。お腹が空いたので食べ物を探していると、「山田錦丼」という張り紙を発見。これは絶対に食べなければならない。銭湯の食堂で食べられるようで、食事のみの利用もOKとのことです。

平たく言うと鶏丼で、甘くて濃いめの味噌ダレがかかっていて美味しい!名古屋人はきっと気に入ることでしょう。大葉が入っていて、濃いめの味噌ダレもさっぱりいけちゃいます。ちなみにお米は兵庫県産だけれど山田錦ではなく、この味噌ダレが山田錦から作られているらしい(どういうことなんだろう)。鶏は兵庫県播州地方のブランド鶏「播州百日どり」。名前の通り孵化してから100日で育ったもので、若鶏のように柔らかすぎず、地鶏のように硬すぎないベストな飼育期間だそうです。f:id:Nisshi:20210420182154j:plain

お腹がいっぱいになり、次は、横のお店で日本酒を吟味する。

搾りたての原酒があったので、即購入。新聞で包んであるところが、いかにも数量限定ぽくって惹かれる。f:id:Nisshi:20210420183656j:plain

これは山田錦を使った食パン。大きく見えますが、実は手のひらサイズと小さくてかわいいんです。他にも、酒まんじゅう、よもぎ饅頭、イチゴ大福を買ってしまった。

f:id:Nisshi:20210420183540j:plain

奥の方へ行くと、山田錦のことがパネルで紹介されているスペースがある。山田錦は普通に食べるお米よりも粒が大きく、タンパク質や苦みアミノ酸が少ないので、おいしい日本酒ができるそうです。兵庫県の山田錦の生産量は全国の約6割を占めていて、この地域の粘土質の土壌と朝夕の大きな気温差がおいしいお米を作るのだとか。

f:id:Nisshi:20210420183906j:plain

次に、ここからほど近い牧場へチーズを買いに行く。実は、この後に、世界的なワイン品評会でブロンズ賞を受賞した古酒を稲美酒造に買いに行くのだけれど、HPに「この古酒はチーズによく合う」と書いてあったのだ。

コンパクトな牧場。ヤギといくらかの牛がいて、アイスクリームやピザが食べられる。

f:id:Nisshi:20210420195305j:plain

ヤギに見られながら、アイスをいただく。

f:id:Nisshi:20210420195422j:plain

あの奥のヤギはあのまま全然動かないのだけれど、置物じゃないですよね?おいしそうなカマンベールチーズを購入して、最後に稲美酒造に向かいます。

f:id:Nisshi:20210420195454j:plain

たたずまいがめちゃめちゃ良い感じだ。奥の事務所でお酒を購入できます。車じゃなければ色々と試飲させてもらえたのだけれど、今回はお目当ての古酒だけを購入することにした。

f:id:Nisshi:20210420195703j:plain

15年以上寝かせた純米大吟醸の熟成酒で、古酒の割にクセが少なく飲みやすい。味が濃い料理が合いそうなので、今日買ったチーズでカプレーゼと豚の角煮などを作ることにした。

f:id:Nisshi:20210420195925j:plain

チビチビ酒を飲みながら料理をしようと思っていたら、予想外に旦那が早く帰ってきた!晩ご飯を食べて、家から電話会議に出ると言う。ひえぇ~!!まだ何もご飯ができてない!私の酒チビチビタイムは明日にお預けだ!