転勤族の足あと👠

~3年ごとにゼロから生活を作る奮闘記~

面白そうなお茶の旅先をリサーチ

来たるべき日に、お茶の産地を巡りながら世界一周をするため、インスタで面白そうなお茶の産地を調べている。

たとえば、南インドケララ州にあるムンナル。アーユルベーダを受けるためにケララには4回も行ったことがあるのに、こんな美しい茶畑があるなんて知らなかった!

f:id:Nisshi:20210419214549j:plain

そして、タイのChoui Fong Tea Plantation。地理的には、ミャンマーとラオスに国境にかなり近い北の方です。

f:id:Nisshi:20210419214847j:plain

Source: Choui Fong Tea Plantation ‘Drinks in the middle of enormous tea lot’ (mychiangmaitour.com)

茶畑を眺めながら、おいしいお茶スイーツが食べられる模様。スイーツに茶葉をぶっさす豪快さがにくい。

f:id:Nisshi:20210419214851j:plain

Source: Choui Fong Tea Plantation ‘Drinks in the middle of enormous tea lot’ (mychiangmaitour.com)

台湾に茶畑の中にある民宿を発見!これは行かなければならない!

syu.okgo.tw

他にも、南アフリカやらインドネシアやら世界中に茶畑はある。なんだか調べているだけで、行ったときのことを想像してワクワクしてしまう。

さらに、自分が行ったお茶の産地の写真を集めてインスタにアップする。

f:id:Nisshi:20210419205301j:plain

スリランカ

f:id:Nisshi:20210419220758j:plain

インド・ダージリン

f:id:Nisshi:20210419220401j:plain

中国・杭州

f:id:Nisshi:20210419220438j:plain

中国・安渓

f:id:Nisshi:20210419220547j:plain

中国・プーアル

よくもまぁこんなに行ったなぁ。なんだか感動してしまう。わざわざ飛行機に乗って海外の茶の産地まで行き、電気や水道が止まったり、ぼったくられたりしながらお茶を飲んできたんだから。プーアルなんかは上海で1泊せねばならなかったので、日本を出てから宿に着くまで24時間以上もかかったのだ。その後、日本のお茶の産地に住んで、日本茶インストラクターにまでなったのだから、ちょっとしたお茶の変態かもしれない。

飽きやすい私がこんなにお茶で遊べる理由は、語学の勉強と同じく、終わりがないことだと思う。お茶の産地は無数にあり、それぞれの産地や作り手によってお茶の味も千差万別。お茶を極めるなんてことは私には不可能で、お茶に遊ばせてもらっているのだ。

お茶を通して色んな人と交流する中で、お茶以外にも学ぶことが多いのも面白い。茶摘み体験をすれば、お茶を作ることの大変さが分かるし、中国人と交流すれば、歴史問題に直面することは不可避だった。そういったお茶がもたらす刺激が、好奇心をいつまでも搔き立てるのだと思う。

しばらくは日本茶の産地を巡ることにしよう。。。